沖縄県県立高校 倍率ランキング2024

はいさーい!

沖縄に住んでいるわけでもないのに申し訳ございません。

ひまわりオンライン個別塾のなりさだです。

早速ながら、沖縄県の2024年県立高校の志願・合格状況から、各校の人気度合いをランキングで見ていきたいと思います!

順位高校名所在地2024年倍率2023年倍率
1位西原高校西原町1.33倍1.13倍
2位宜野湾高校宜野湾市1.31倍1.19倍
3位豊見城高校豊見城市1.19倍1.25倍
4位小禄高校那覇市1.15倍1.23倍
5位首里高校那覇市1.14倍1.03倍
倍率=一般最終志願者数/一般入学募集

西原高校は健康科学コース1.37倍・文理コース1.35倍・特別進学コース1.25倍と各コースとも多くの志願者を集め、2024年最人気校となりました!!

宜野湾高校のコース別倍率は情報処理コース1.63倍・スポーツ健康コース1.07倍・普通コース1.29倍となっており、情報処理コースは全県立高校普通科のなかの最人気コースとなりました。

順位高校名所在地2024年倍率2023年倍率
1位球陽高校沖縄市1.29倍1.12倍
2位向陽高校八重瀬町1.06倍0.92倍
3位那覇国際高校那覇市0.94倍1.03倍
4位開邦高校南風原町0.93倍1.13倍
倍率=一般最終志願者数/一般入学募集

球陽高校は理数学科1.35倍・国際英語学科1.21倍と、両学科とも高い倍率となり、公立進学校「4K」のなかで最も狭い門となりました。

沖縄県立高校の一般入学入試制度は下記の通りとなっています。

●調査書 165点満点

  • 一年生 5教科(国数英理社)×5段階評価 + 実技4教科×5段階評価×1.5 = 55点満点
  • 二年生 5教科(国数英理社)×5段階評価 + 実技4教科×5段階評価×1.5 = 55点満点
  • 三年生 5教科(国数英理社)×5段階評価 + 実技4教科×5段階評価×1.5 = 55点満点

●学力検査 300点満点(国数英理社各60点満点)  面接

調査書と学力検査の比重は、原則として5:5となっています。

例えば、2024年最も人気を集めた西原高校は上記の配分となっています(調査書:学力検査=5:5)。

一方、県は4:6から6:4の範囲で調査書と学力検査の割合を変更することを認めています。

変更を行った高校はいずれも学力検査の比重を高めており、直近の実力を評価する傾向が見られます。

例えば、県立進学校「4K」はいずれも学力検査の割合が6割となっています(調査書:学力検査=4:6)。

受験勉強の頑張りがより大きく結果を左右するため、挽回の余地の大きい入試制度だと言えます。

2025年から現行の推薦入試が特色選抜へと改められます。

主な変更点(概要)は次の通りです。

  • 学校推薦から生徒本人による出願へ。
  • 学力検査を全員が受検
  • 特色選抜と一般選抜で異なる高校への出願が可能。
  • 各学校の特色を明確にすることで、生徒の特性や個性を伸ばす。

推薦入試を視野に入れておられた生徒さんのなかには、「テストありか~!?」と頭を抱えたくなった方もおられるかもしれません。

お気持ちはわかりますが、皆さん同じ条件ですので、ここは気持ちを切り替えて、志望校の校風や求める生徒像を深く理解し、より充実した高校生活を送るためのプラスの変更だと受けとめて、前向きにチャレンジしていただきたいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です