大分県公立高校 倍率ランキング2024

県内に39校の全日制公立高校がある大分県

そんな大分県の2024年公立高校の志願・合格状況から、各校の人気度合いをランキングで見ていきたいと思います!

順位高校名所在地2024年倍率2023年倍率
1位👑大分豊府高校大分市1.39倍1.50倍
2位大分上野丘高校大分市1.32倍1.12倍
3位別府翔青高校別府市1.31倍1.34倍
4位大分鶴崎高校大分市1.30倍1.33倍
5位大分雄城台高校大分市1.30倍1.27倍
倍率=最終志願者数/募集人員

大分豊府高校は昨年に比べてやや広い門となりましたが、150人以上の志願者を集め普通科高校最人気校となりました!

順位高校名所在地2024年倍率2023年倍率
1位大分西高校大分市1.56倍1.50倍

大分西高校は昨年を上回る人気を集め、県内最高倍率の高校となりました!

順位高校名所在地2024年倍率2023年倍率
1位鶴崎工業高校大分市1.22倍1.10倍
2位情報科学高校大分市1.14倍1.42倍
3位大分商業高校大分市1.14倍1.15倍

鶴崎工業高校化学工学科は倍率1.59倍と、2024年最高倍率学科となりました!

大分県県立高校の第一次入学者選抜では、調査書(内申)と学力検査の結果から総合的に判断されて合否が決定されます。

相対的に三年生内申点学力検査のウエイトが高く、(三年生の)受験勉強時に挽回の余地の大きい入試制度となっています。

調査書(内申点)と学力検査比率は下記の通りとなっています。

  • 調査書(内申)と学力検査の比率は「3:7」「4:6」「5:5」のいずれかが適用されます。
  • 上記ランキング表に記載した高校は全て「調査書(内申):学力検査=3:7」となっています。

調査書 260点満点(英数国理社、実技4教科)

  • 一年生 英数国理社5教科 × 5段階評価+実技4教科× 5段階評価×2倍=65点満点
  • 二年生 英数国理社5教科 × 5段階評価+実技4教科× 5段階評価×2倍=65点満点
  • 三年生 英数国理社5教科 × 5段階評価×2倍+実技4教科× 5段階評価×4倍=130点満点

学力検査 300点満点(国数英理社各60点満点) 

杵築高校(杵築市)では、難関国公立大学進学者に対し、授業料や入学金を給付する新しい奨学金制度がスタートしています。

県では「全県一区制度」により人気高校が立地する大分市に志願者が集まる傾向があります。

この奨学金制度は、地元校である杵築高校への進学モチベーション向上を目的として設けられました。

2024年3月には難関大学に進学した9名の卒業生に対し給付金目録が贈呈されています。

杵築高校2024年倍率は1.11倍と、2023年の倍率1.02倍より上昇、また入学志願者も173人(2023年)から189人(2024年)へと増加傾向にあります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です