宮崎県公立高校 倍率ランキング2024

県内に34校の全日制公立高校がある宮崎県。

そんな宮崎県の2024年公立高校の志願・合格状況から、各校の人気度合いをランキングで見ていきたいと思います!

順位高校名所在地2024年倍率
1位宮崎西高校宮崎市1.42倍
2位宮崎大宮高校宮崎市1.10倍
倍率=志願者数/募集人員

県内トップ進学校である宮崎西高校が250人の志願者を集め2024年最人気校となりました!

特に理数科は募集人員32人に対し志願者は80人近くに上り、倍率2.44倍の狭い門となりました。

順位高校名所在地2024年倍率
1位都城農業高校都城市1.40倍

都城農業高校(農業・畜産・ライフデザイン・食品科学・農業土木)の各学科のうち、農業科は倍率1.80倍と特に人気を集めました。

順位高校名所在地2024年倍率
1位宮崎工業高校宮崎市1.28倍
2位延岡工業高校延岡市1.21倍
順位高校名所在地2024年倍率
1位延岡商業高校延岡市1.24倍
2位都城商業高校都城市1.16倍

宮崎県県立高校の一般入学者選抜は、学力検査・調査書(内申)・面接の配点が学校毎に細かく異なる、特徴的な入試制度となっています。

ここでは上記人気校の配点(学力検査・調査書・面接)を見てみましょう。

学校名学力検査
国語
学力検査
社会
学力検査
数学
学力検査
理科
学力検査
英語
学力検査
合計
面接調査書合計
宮崎西高校1001001501001506003070700
宮崎大宮高校1001001501001506002575700
都城農業高校10010010010010050012080700
宮崎工業高校100100100100100500100300900
延岡工業高校100100100100100500150150800
延岡商業高校100100100100100500250※①2501000
都城商業高校10010010010010050030120650
※数字の単位は「点」です。
※①延岡商業高校は個人面接となります。それ以外の高校は集団面接です。

調査書の評定は下記の通りとなっています。

  • 一年生 9教科 × 5段階評価
  • 二年生 9教科 × 5段階評価
  • 三年生 9教科 × 5段階評価

学力検査は初日(国語・理科・英語)と二日目(社会・数学・面接)の二日間に渡って行われます。

各高校は求める生徒像を反映した入試制度(配点)を採用しています。

いずれの高校も学力検査の比重が大きくなっていますが、面接・調査書のウエイトも軽視できるものではありません。

延岡商業高校など面接重視の高校を志望する生徒さんは、事前練習に時間を割くことで本番での緊張緩和に努めましょう。

また調査書の配点が重くなっている宮崎工業高校や延岡商業高校を志望する生徒さんは、一年生の時からよりしっかりと定期テストや日々の授業に取り組んでまいりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です